労働法社会保険法AIチャットの開発

AI(人工知能)の民主化。つまり、AIを誰でも使えるようにすること。マイクロソフトもGoogleもこれを目指していて、そのような環境もどんどん整備されてきているのが現状です。そしてメイトー社会保険労務士事務所で開発し公開中の「労働法社会保険法AIチャット(前回のブログ)」(スマホ用・PC用)はまさにその恩恵を受けています。 次回のブログではAIチャットを作ってみて考えたこと等を書きたいと思っていますので、そこにつなげる話として今回のブログでは開発にまつわる情報を共有します。 参考にしたサイト ChatBot入門-Azure Bot ServiceとQnA MakerでWebサイトで使えるFAQBotを作る Azure BOT Service とCognitive Service QnA MakerでFAQのBOTを作る 両サイトともにIncrementsさんのQiitaの投稿です。大変参考になりました。ありがとうございました。 利用したサービスと費用 自前サイト:チャットの枠の埋め込み先です(1,266円/月) Microsoft Azure:チャットの枠としてのボットサービスです(3週間で数円) QnA Maker PREVIEW:質問に対して適切と思われる回答を返します(0円) 別途用意したもの 労働法と社会保険法のQ&Aのペア Q&Aのソースはこちらの「よくある質問」です。 東京労働局ホームページ 厚生労働省ホームページ 協会けんぽホームページ 日本年金機構ホームページ 開発スケジュール 初期調査に1週間 自前サイトとAzureボットサービスとQnA Makerの連携に1

労働法社会保険法AIチャットの紹介

労働法社会保険法AIチャット スマホ用 https://www.meito-office.com/chat PC用 https://www.meito-office.com/chatpc ニュースを見ると毎日のようにAI(人工知能)に関する記事を目にするようになりました。先週開催されたGoogleの年次開発者会議「Google I/O 2017」でも、「AI ファースト」に移っていることが語られています。Googleの検索サービスなど既にAIを使ったサービスはありますが、今後ますますAIが身近になっていくことは間違いありません。そこでAIを実際に体験してみようということで、質問に対して自動で応答するAIチャットサービスを作ってみましたので紹介したいと思います。 今回メイトー社会保険労務士事務所で開発したのは、労働基準法はじめ日本の労働法と社会保険法に準拠した、(おそらく)世界初のAIチャットサービスで、無料で公開中です。スマホ用サイトまたはPC用サイトにアクセス後、労働法や社会保険法に関して思いつく質問を入力し、Enterキーを押すか、右の紙飛行機のようなマークを押してください。少し待つとAIが自動で回答を返します。 例えば「就業規則にはどのようなことを書けばいいのですか」「就業規則に記載すべきことは?」と質問してください。また、労働基準法以外には、健康保険について「健康保険の申請に期限はありますか?」「健康保険の申請に時効は?」と質問してみてください。この質問の例と一語一句同じでなくても大丈夫です。もし正しい回答が得られないと思われる場合は、質問の文面を変えてもう一度試してみ

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • YouTubeの - ブラックサークル

© 2019 by Meito Office

  • Facebook
  • YouTube