就職したら最低限知っておきたい健康保険

就職から退職までの健康保険について、時系列でシーン別に概要が分かるよう解説しています。そのため正確ではない部分もありますが、ご自身でも検索できるように各章の最後に検索キーワードを記載しました。詳細や最新情報は厚生労働省、日本年金機構、協会けんぽ、健康保険組合、東京都のサイトをご覧ください。 シーン別 入社して健康保険に加入する 病院や薬局にかかる(健康保険証あり) 病院や薬局にかかる(健康保険証なし) 健康保険証をなくしてしまった 医療費が高額になりそう又は高額になった 病気やケガでお仕事を休んだため給与が減ってしまった 妊娠・出産した 後期高齢者医療制度へ移行する(75歳になった、または65歳以上で障害になった) 退職した 保険料 その他詳細 備考 この記事で説明していることは、傷病手当金、出産手当金と保険料以外は、従業員の方とご家族の方でほぼ共通の内容です。 協会けんぽにご加入の会社について説明しています。健康保険組合は取扱いが異なる場合がありますので各健康保険組合にお問い合わせください。なお、会社が協会けんぽ又は健康保険組合のいずれかにご加入かはお勤めの会社にお問い合わせください。 健康保険の各手続きは、お勤めの会社にお問い合わせください。 この記事では厚生年金保険については触れておらず別記事にする予定です。 1. 入社して健康保険に加入する 従業員ご本人は、2ヶ月を超えて継続して会社にお勤めする予定なら、1週間の所定労働時間と1カ月間の所定労働日数が一般社員の4分の3以上(通常30時間/週 程度以上)の場合、入社時から健康保険に加入し、健康保険証(被保険者証)がもらえま

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • YouTubeの - ブラックサークル

© 2019 by Meito Office

  • Facebook
  • YouTube