スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近のニュース

東京都中小企業の賃金調査結果



あなたの会社の同業他社は従業員にいくら給与を払っているかご存じですか。こういった情報はどこに参考となる情報があるか分からない場合が多いですが、東京都は毎年、中小企業の賃金事情を調査し、社名が分からない形でその結果を公表しています。中小企業の業種別や規模別(10~49人、50~99人、100~299人)等、詳細な調査結果を見ることができますので、給与額を決定する際はぜひご活用ください。


東京都産業労働局の「中小企業の賃金事情」というサイトで情報が公開されています。冒頭の図は、2001年から2017年までの年間給与支払額と賃金月額の推移をまとめたものです。


http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/toukei/koyou/chingin/


いくつか抜粋して紹介します。


全常用労働者の平均月額賃金と年間給与支払額

次の図は、平均月額賃金と年間給与支払額です。年間給与支払額には、残業手当と賞与を含みますが、非課税通勤手当は含みません。

10~49人→50~99人→100~299人と中小企業の中でも規模が大きくなるほど、給与支払額が増えることが見て取れます。


平均賃金の産業別比較

次の図は、平均賃金の産業別比較です。

所定時間内賃金の上位3つは、

① 金融業・保険業

② 不動産業・物品賃貸業

③ 学術研究・専門/技術サービス業

となっています。



行政以外では賃金について参考になるデータを見ることがなかなか難しいです。ぜひ有効にご活用いただければと思います。


メイトー社会保険労務士事務所では、就業規則の改定や賃金モデルの構築についてのご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。


出典


東京都 中小企業の賃金・退職金事情

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/toukei/koyou/chingin/


月別アーカイブ
タグ
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Social Icon

スポンサーリンク

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • YouTubeの - ブラックサークル

© 2020 by Meito Office

  • Facebook
  • YouTube