top of page

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最近のニュース

中小企業の退職金




会社を退職するときに会社が支給するものに「退職給付」があります。この記事では企業規模別・学歴別・勤続年数の退職給付について紹介します。


 

退職給付の種類


退職給付には、主に一時金(いわゆる「退職金」)と年金の2つの形態があります。


退職一時金

  • 退職時に一括で支払われる金額で、いわゆる「退職金」です。

  • 支給額は、勤続年数や退職時の給与額、企業の規定などによって異なります。

  • 一括で受け取ることにより、退職後の生活資金の基盤を作ることができます。


退職年金

  • 退職後、定期的に支払われる金額です。

  • 一時金と異なり、長期間にわたって支給される形態です。

  • 退職年金は、企業年金や公的年金の形で設定されることが多いです。

  • 企業年金は、企業が設ける退職金制度の一環として、また公的年金は国が管理する制度として運用されます。



 

退職給付(一時金・年金)制度の形態別退職者1人平均退職給付額


勤続20年以上かつ45歳以上の定年退職者で

  • 企業規模が30~99人

  • 大学卒(管理・事務・技術職)

  • 勤続年数別

を見てみましょう。

単位は「万円」です。

勤続年数

退職一時金制度のみ

退職年金制度のみ

両制度併用

20~24年

774

417

1,540

25~29年

657

455

800

30~34年

1,403

1,977

データなし

35年以上

1,881

2,409

1,571

勤続年数によらない平均

1,277

1,386

1,421

他にも大企業(1,000人以上や300~999人)、中小企業(100~299人)の企業規模別、高校卒や中学卒の学歴別のデータもありますので、詳細は厚生労働省のサイトをご覧ください。


 

出典

退職給付(一時金・年金)の支給実態


タグ
フォロー
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Social Icon

スポンサーリンク

bottom of page